たけのこの統率ガチロボまとめ

自称統率ガチロボ最多所持者の主が構築を軽く解説してくブログです。文章書くのが下手くそなのでそこのところは理解の程お願いします。

たけのこの野菜年表のような何か

お久しぶり、あるいははじめまして。

たけのこと申します()


ちらっと見かけたナスディーンの記事に触発され自分も野菜との今までの歩みをまとめようと思った所存です。




E2期、そもそも僕が野菜と出会ったきっかけは最寄りのカードショップの先代が使っていたという単純なものでした。最初は「面白そうだしパーツもそこそこあるし組んでみるか」程度の認識でしたが、デッキを回しているうちにデッキのカード一枚一枚から編み出せる選択肢の多さや今まで使っていたカードの新たな使い方などに魅せられ、気付けば既に抜け出すことの出来ない領域にまで足を踏み入れていました。


この頃はまだ野菜のことを100%理解したとは言えず、採用されうるカードの選定等も下手くそで、ネット環境もほとんど無かった為、先代のアレンジのアレンジみたいな構築にどうしてもなりがちでしたが、それでも無いフルに頭を使って試行錯誤していました。


中でも最も奇抜だったカードが「緑神龍ドラピ」。ナスオで落としたグールジェネレイドを吊るのに使うのかなと思っていた当時の自分はやはり未熟そのもので、本来の用途(?????)としては1ターン目にドラピを出して墓地に置き、ビクトリーアップルやクリクリイガラーズでマナ加速をするという訳の分からない初動だったのだ。滅茶苦茶なことを言っているようにも聞こえるが、やっていることはただのドリーミングムーンナイフ、しかし種族がワイルドベジーズというだけで次のターンにはグレイトカクタスでバロンゴーヤマをサーチ、その次にはバロンゴーヤマでカクタスを展開すると丁度ワイルドべジーズが4体になりドングリル出せるようになるのだ。


正直E2期には知識が薄かった為これ以上特筆することがないのでとりあえず1年ほど時間を進めてみる。


まだまだ未熟だったE3期前半、今となっては何を思って採用したのか分からないケラサスもいい想い出だ。

問題は後半、だんだんと野菜を理解してきた僕は今後数年を共にすることになるカードと出会う。「沈黙の戦士ダンプタンク」だ。

f:id:aoyamatakenoko:20190512200535j:plain


誰やねん!!!って思ったそこのYou、心配するな。なんたって彼は大会において身内以外からのテキスト確認率100%の記録保持者だ。

横行した一撃奪取をナスオを出すだけでいとも容易く処理し、ビクトリーアップル等でマナに戻せば何度も、それも展開をしていくついでに使いまわせるというビートダウンや速攻対面での圧倒的な制圧力が、他のビートダウンを出し抜く一枚だった。


そしてもう一枚、「百万超邪クロスファイア」。

流石にこのカードは知っているだろう。野菜の詰み盤面生成マシン筆頭、5000GTへの回答として採用され、いつもピンチの時にトップから現れて多くの戦況をひっくり返してくれた、「相棒」とすら呼べるカードだ。野菜自体がそもそも墓地を活用することが多かったので、簡単に準備できる高パワーアタッカーとしても勿論活躍してくれた。


他にも、超強力なトリガー「終末の時計クロック」を手に入れ、墓地に好きなカードを落とせる野菜の特性を生かしたデスゲクロックが防御の要としてデッキの基盤が段々と強固なものになっていった。



時は流れてDS期、野菜歓喜のドラゴンプッシュ...と思いきや思いの外望んでいたドラゴンは登場せず、環境に合わせたカードを発掘していく一年となった。ビマナ対面はこちらに刺さる大型が少なかった為、そこそこの有利を取れ、連ドラは防御をクロックに頼っているので比較的楽に戦うことができた。また、イメンループもコストを水増しするオチャッピィやプロメテウスをダンプタンクが処理してくれたおかげで五分五分といったところまでは対応することができた。が、問題は天門、黒単、キューブの3種である。


まず天門対面、猿でもわかるガン不利対面だ。そこで採用されたのが「百発人形マグナム」だ。彼が事実上相手のトリガーを封じ込めてくれたおかげで最低限くらいは戦えるようになった。が、彼には決定的な問題点があった。そう、自分も巻き込むことである()

バロンゴーヤマやドングリルの展開が出来ないため、先に出すとこちらの展開も止まり、しかしはやく出さないと相手が動いてしまう、矛盾の塊だった。

さらにそこで採用されたのが「修羅の頂UANベートーヴェン」だ。何を言っているか分からない?もう一度言おう、「修羅の頂VANベートーヴェン」だ。

相手は天門、出せば勝ち、Oh Yeah()

勿論その為のマナ加速も入れたさ、「大菜王ビッグナスディーン」だ。そう、実はこのデッキ、基本の緑に加え、サブカラーの黒、ダンプタンクの赤、クロックの青、ハヤブサマルの白と実は5色揃っているのだ。

まぁその後後任のザビミラにバトンを渡したのはまた別のお話。


次に黒単、盾ゼロまでは毎回追い込むもののブロッカー軍団でダイレクトアタックが入らない試合ばかり、そこで加入してくれたのは「密林の総督ハックルキリンソーヤ」だ。彼を一枚刺すだけで途端に黒単対面が取れるようになり、クロスファイアと合わせて天門をゴリ押しする択も作れたりとなかなかに器用なことをしてくれた。


最後にキューブ、GTがただただキツい()

しかしクロスファイアをそんなに沢山入れてられない...

ということで採用されたのが「剛撃無双カンクロウ」。5000GTに反応してリベンジチャンスで着地、上から殴り倒したり盾を粉砕したりとなかなかの活躍をしてくれた。

でもちょっと待って、クロスファイアより腐らん?って思うでしょ?でも彼、「ドラゴン」なのよ。つまりマナに置くだけだ仕事をするわけだ。フォートEドラゴンが発揮できるかどうかで状況が相当変わってくるのでほんとにこれだけの違いが大事だったわけなんです。



そして迎えるRev期、2人の悪魔、「レッドゾーン」と「べアフガン」の登場だ。トップギアをダンプタンクで処理できるレッドゾーンはまだよかったが、べアフガンはまぁデッキが迷走に迷走を重ねたさ。デスゲじゃ破壊対象がいないから湧水クロック形にシフトしたり受けきれないから湧水で「タテブエヤッホー」を吊って遅延したり、ライデンを採用したり...ほんと全てを狂わせてくれたさ()

しかし新たな味方も登場してくれた。「革命目ギョギョウ」だ。レッドゾーンやべアフガンに盾を剥がれた時に1コスト、つまり2マナあればナスオやアップルから投げれるドラゴンでメタ能力付きとかいうヤバい奴が出てくれたおかげでなんとか環境をやりすごすことができた。また、「フルメタルレモン」を採用して強引に耐えたり、それをリセットするために「クローチェフォーコ」を採用したりと本当に大変だった。


この時代は速攻だけでなく、「魂と調和の盾」の横行により、文明をバラすことに意味が生まれた為、クロスファイアやグールといった自然以外のアタッカーを採用した。ちなみにクロスファイアはドキンダムを殴り殺す役割も兼ねていたりしたけどあんまりそんな機会はなかった。また、シャッフの登場により、天文への殺意をマシマシにした時期もあった。



そろそろ長すぎるやろとか思えてきたけどそれでもすすめていくぞ、Rev


この時期は正直終わってた。剣、無理ゲー、ダンテ、ガン刺さりという地獄。プチョヘンザで盤面を処られた時にドラピが場に残ってプチョヘンザではバトル勝ちできないバグが発生したり、ジョバンニがスコール撃つとマナに置いておいたダンプタンクがジョバンニを始末し、そのタイミングでテキスト確認フェイズがきたりと妙な事件は起きたが、正直この年はあまり良い成果は得られなかった。



心機一転DM期。新勢力により野菜のサポートは途切れる一方...とおもった矢先に現れた‘男’がいた。そう、「爆撃男」だ。ダンプタンクよ、今まで本当にありがとう...

これにより1番隊サイクルを処理できるようになり、それなりのポテンシャルを持ったまま一年を過ごすことができた。また、自分への被害を考慮してもなおジョーカーズへの対抗策として有効な「メガマグマドラゴン」が採用され、ボードの取り合いにもある程度勝てるようにもなった。



そして現代双極篇(厳密にはGR篇だけど)

ミクセルとかいうぶっ壊れの登場によりポテンシャルが一気に上昇、クリーチャーとしてのメタ性能も然り、ビクトリーアップル等でジャミングチャフを連打するパターンが新たな勝ち筋として加わり、デッキの幅を大きく広げてくれた。

次に「ホーリースパーク」、ドラゴンって書いてある。以上!!!

ということもなくクリーチャー面が案外活躍する。ビート対面はホーリースパークで耐えて初不召喚、ビクトリーアップルで撃ったホーリースパークを回収して初不召喚といったように盤面を一気に制圧することが可能に。

次、ツインパクトマップ。ドラゴンを失ったかわりにサーチと9000火力トリガーを得たドラピ。あくまで1マナで墓地にクリーチャーを置くことが目的でサーチは副次的な効果なのをわすれないことが大事()

とりあえずラスト、轟轟轟ブランド。デッキの多くのカードが特定のカードにアクセスできる為、轟轟轟の1ドローから次の轟轟轟に繋ぐ動きが滅茶苦茶に相性が良く、まさに待ち望んだと言えるカード。



しかし対戦環境では、「ポクチンちん」とかいう天敵が登場。メタ効果くそ刺さるし爆撃で倒せない3000、しかも墓地リソースを奪われるときた。そんな時に出会ったカード、「凶鬼04号ビビム」。墓地を離れた時に-3000を放つとかいうポクチンちん絶対殺すマン。おかげで除去範囲、タイミングをさらに大幅に広げることができ、どんどんポテンシャルは高まっていった。



GR篇、1コスト呪文ツインパクト「イッコダスケイジ」が登場。轟轟轟ブランドの赤マナ確保、1ターン目の墓地肥やし、除去、4コストの盤面処理&展開と幅広い活躍をしてくれた。ただし多色という点がどうしてもノイズになりがちで現在は1枚のみの採用となっている。ちなみに過去に採用された多色カードはフルメタルレモンとラフルルの2種で、初めてデッキ内に2枚以上採用した多色カードだ。



ついでなので現在試験採用している「メガブレードドラゴン」についても振れておく。GPにて「メメントの突破が難しい」という点、「ダンテで詰む」という点の2つが大きな課題が見えてきた為、どちらも綺麗に解決できそうなカードを発見。そう、「メガブレードドラゴン」だ。メメント前提なのはどうなん?って身内には言われたが、メメントがなければおそらく善戦しているので問題なく、刺さらない対面では赤マナとして、そしてドラゴンマナとして縁下でデッキを支えてくれるだろうという考えである。対面を選ばずに活躍できる「スニーク戦車オーリー」を採用するかかなり迷っているが、そこは今後の調整次第なのでまだここではこれ以上触れるべきではないだろう。



以上、僕と野菜が歩んできた大まかな流れである。

書いていてなかなか懐かしくて本当に幸せな時間を過ごせた。当時から関わってた人からしても懐かさを感じるんじゃないだろうか。逆に最近絡むようんなった人にとっては新鮮なんじゃないだろうか。そして初めましての人、ここまでお付き合い頂きありがとうございます、お疲れ様です()


こんな雑な記事ですが野菜に興味持ってくれた方、組んでみたいなぁって方は(ちょっと型が古いですが)こちらを読んで貰えると立ち回りや基本ムーヴ等それなりに参考になるかと思います。(https://twitter.com/aoyamatakenoko/status/1095030137744121856?s=21)

野菜に関する質問や提案、相談事、「今の構築晒してー」等、いつでも誰でもリプライやDM受け付けております。ご自由に活用ください。


それでは()

ワイルドべジーズ2019winter

どうも、たけのこと申す者です。

書きたいことが多すぎてどうせ長くなるので前置きは全部端折ります()

とりあえず基本的な事とかは前の記事に書いてあるんで興味湧いた方とかはそちらを是非。


f:id:aoyamatakenoko:20190212033147j:plain


こちらが現在の構築。前に記事を書いた時のとかなり変わっていますが、環境次第でコロコロ変わるんデッキなんです。


f:id:aoyamatakenoko:20190212033823j:plain


そしてこちらが前に記事にした時の構築。前の構築から今の構築になるまでに色々と型が変わりましたがとりあえず今回は全部端折って前の構築からの大きな変更点のみを書きます。




まず1つ目はレレディバの登場です。彼の登場で初動とトリガーが兼用できるようになり、デッキにスペースが生まれました。詳しい用途は各カード毎の解説を下の方に書くのでそにらに()


2つ目は轟轟轟のガン投です。レレディバによって、デッキスペースを増やす事ができたので、轟轟轟の1ドローから残ったマナで次の轟轟轟に繋げていくのを勝ち筋の1つにしました。こちらも詳しくは各カード毎の解説の方に()


3つ目は湧水クロックのリストラです。デッキを回していくにあたって、緑以外のカードがハンドに来すぎてノイズになる場面が多く、そんな中湧水は呪文な為ビクトリーアップルやクリクリイガラーズで墓地から拾えず、初手でマナに埋めた際にナスオの墓地落としの選択肢から外れてマナから緑が消えるということが割と頻繁に起こった他、墓地にカードが準備できずトリガーが不発になったり、墓地やマナに落としたいカードが増えすぎてクロックを墓地に置く暇がなかったりと色々な事案を抱え、やもなすリストラとなりました。レレディバによってトリガーが確保できるようになったのも大きな理由の1つです()



ここからは各カード毎の解説になります。基本的には前の記事に書いた通りですが、構築が変わるにつれて増えた仕事とかもあるので一応新しく書き直しときます()



ビクトリーアップ


主に初動兼潤滑油です。初動としてはレレディバやナスオから繋いでマナを伸ばします。アンタップインなのでナスオから繋いで3ターン目にこいつを含め2枚のカードがキャストできます。ナスオアップルミクセルみたいなのが強いムーヴですね。因みに野菜をタップして出さないとマナを増やせない為、ゴーヤマから呼び出しても効果が使えないので注意が必要です。後半はマナや墓地回収と幅広く活躍してくれます。轟轟轟の1ドローから引けば序盤に埋めたマナの轟轟轟を拾えるので実質轟轟轟ブランドです()



ジオナスオ


初動です。墓地を肥やすのでビクトリーアップルやクリクリイガラーズに繋ぎます。アンタップインなので実質1マナで、相手のフルパンを受けた後に実質1コスト野菜を大量展開して殴るルートもよく取ります。後で書きますが、登場時相手クリーチャー1体を-2000する隠しテキストがあります()



クリクリイガラーズ


初動兼マナ回収です。ビクトリーアップルと違いタップインなので使いやすさは劣りますが、マナに置いておくとゴーヤマで出した時にも効果が使える為、ビクトリーアップルと両方引いた時は基本的にクリクリイガラーズをマナに埋めます。マナの轟轟轟を拾うので実質轟轟轟ブランドです()



ダンディナスオ


神です。初動、盾把握、轟轟轟ブランドの仕込み、各種色マナや龍マナの確保、ビビムの仕込み、爆撃etc...もはや仕事しかありません。書くことが多すぎて逆に書くことがありません()



グレイトカクタス


中盤~終盤に活躍するカード。2→4で動いた時は基本的にゴーヤマを、3→5で動いた時はゴーヤマから踏み倒して次弾を補充したりドングリルをサーチしたりと、デッキの核のうちの1つ。上記以外にも状況に応じてアップルやクリクリ、ダンディをサーチすることも多いので現状の最善手、勝ち筋を意識しながらキャストするとかなりデッキを回すのが上手くなると思います。轟轟轟ブランドをサーチするカードをサーチするのでマナがあれば実質轟轟轟ブランド()



バロンゴーヤマ


デッキの核。コイツから動かなくても色々できたり、轟轟轟のノイズになることが多いと感じたので2枚。減らしてもどうせカクタスでサーチできるのであまり気にならなかったので今のところはベストな枚数だと感じています。主な仕事内容ですが、重い代わりに仕事量が物凄く増えたダンディナスオみたいな感じです。ダンディナスオの欄に書いた事に加え、踏み倒す効果があるので、やれることも格段に増えました。まず1番一般的なカクタスを踏み倒すルート。後続のゴーヤマやアップルも約束されテンプレムーブ通りに事が運べばドングリル着地でフィニッシュがかけれたりと、1番安定します。次にクリクリイガラーズを踏み倒すルートです。クリクリイのマナ回収能力と合わせて好きなカードを手札に加えられます。カクタスと違う点は野菜以外もサーチできるという点です。基本的には轟轟轟ブランドやバルチュリス、ハヤブサマルを回収します。マナが2枚減るのでそこは注意が必要です。クリクリのルートはもう1つあり、主にポクチンを倒す為にビビムの効果を誘発するルートです。デッキからビビムを墓地に送りクリクリでそのままマナに戻すことで即座に除去を飛ばせます。轟轟轟ブランドで走る時に主に使われます。最後に、ナスオを踏み倒すルートです。このルートは手札に余裕があり、強引に盤面を展開する際に使います。簡単な話、2マナ起こせるのでさらに手札から1枚キャストできるという寸坊です()



ドングリル


フィニッシャーです。昔は手札に1枚ドングリル+カクタスで1枚サーチでキルが通る計算でしたが、今の環境どうせ展開しても除去が飛んできたりそもそもテンプレ通りにカードをプレイする余裕が無かったりですし、轟轟轟+カクタスでサーチでも同じ事ができるのでカクタスでサーチ前提の2枚しか採用していません。5コスト払って普通に投げることも割と頻繁にあるので視野に入れとくと役立つと思います。轟轟轟ブランドから引いた時に0コストで2打点作れるので実質轟轟轟ブランド()



レディバグーバ


トリガー兼初動とかいう異端児、というか救世主。初動と言うにはツインパクトの枚数怪し過ぎない?というそこの君!まだまだこのデッキの本質が分かってませんね。逆になるほどなぁって思った人はかなり良いセンスをしてるもしくは僕の過去記事を読んでくれた優しい人だと思います()

あのですね、1ターン目にクリーチャーが墓地に落とせるという事に意味があるんです。そうすることで2ターン目に出すクリクリイガラーズやビクトリーアップルで1ブーストができ、次のターンにカクタス、その次はゴーヤマと繋がる第2のテンプレムーブが可能になるのです。と、おおそれたことを言ってますが結局やってることは大掛かりなドリーミングムーンナイフなんですけどね...。まぁそれがワイルドべジーズでできるってのが強いのでまぁそういうことです。それに加えてあわよくばミクセルや龍マナが拾えて9000と轟轟轟ラインの除去トリガーまで着いてくると思えばオーバースペックにも程があるってもんです。因みに回収は強制の為、轟轟轟の為にハンド消化がしにくいので注意が必要です。まぁ確実に消化できないよか1コストでワンチャン使える方がまだ良いっしょってことで()



龍装の調べ不初


トリガー兼龍マナ。ビクトリーアップルのフォートEを達成するドラゴン枠と、1ターン凌ぐことのできるスパークトリガーという超絶タッグ。ツインパクトマップでサーチできる龍&白マナで、ミクセルの色マナ確保等縁下からデッキを支える。そしてなんと、結構クリーチャー側で場に出す()

殴ってきた返しに間に合うとかなり時間が稼げます。しかも、ビクトリーアップルやクリクリイガを絡めると何ターンか連打することができ、相手次第ではほぼ突破できなくなり、チャフや単騎で確実にフィニッシュする択が作れます。



ミクセル


初動兼妨害兼フィニッシュ。言うまでもないぶっ壊れ。大抵の相手に投げ得なので暇あらば投げるが、相手のデッキや動き次第で自分の動きを優先するか相手の妨害を優先するかはプライヤーの力量次第。死んでも死んでもツインパクトマップでサーチしたりアップルで拾いなおしたりと次々と湧いてくる。また、主に白ゼロサッヴァーク等相手にジャミングチャフを撃ち込んで殴りかかる。刺さる相手に1度撃てば、アップル等で使いまわしてかなりのターン撃ち続けられるので、そのうちにちまちま殴るプランも有効な事もある。



ハヤブサマル


防御札。以前トリガーとして採用していたオリジャや湧水と違い、大きく盤面を返せないレレディバが採用されたことにより、防御を少しでも水増しする為に採用。白いカードが8枚では少し不安だったのも採用理由の大きな1つ。1度使った後もビクトリーアップル等で拾い直すことで何度も使用できる。また、轟轟轟ブランドで次のターン走る気で殴っている時は相手のブロック時にニンジャストライクで出し、ハンドを減らしておくというプレイも稀にするので頭に入れておいて欲しいところ()



轟轟轟ブランド


フィニッシャー。前は攻めきれなかった時にトップドローを轟轟轟ブランドにアクセスするカードにすることで即時打点へ変換する為の採用だったが、今は轟轟轟ブランドの1ドローから次の轟轟轟ブランドへアクセスし、一気に盤面を展開する為の採用になった為、赤マナ確保や序盤マナに仕込んでおくことも考えてガン投。実質12枚以上の轟轟轟ブランドが入ってることになるので頑張れば脳内麻薬たっぷり捻出の轟轟轟3連打くらいは現実的上振れライン。



単騎マグナム


赤いカードが6枚くらい欲しかった。バルチュリスにするか一番迷ってる枠。でもコイツがいないとクロックが突破できないので多分このままですね。ゴーヤマでマナを整えて次のターンにクリクリやアップルで単騎回収して召喚轟轟轟ブランドで打点通して勝ちみたいな使い方がほとんどです。数ターン余裕がありそうな時は積極的に狙うといいです。



バルチュリス


赤&龍マナ。ビクトリーアップルのフォートE対象は5枚以上が安定すると思っているので赤単色の龍で相性いいカードってので選ばれました。因みに候補はマグマジゴクとメガマグマですが、マグマジゴクはハンドに来た際の邪魔具合から、メガマグマは環境にあまり刺さってなさげなのと自分への被害を考慮した結果不採用になりました。赤マナ欲しいけど龍マナ置かないとアップルからデッキを回せないという場面がとても多かったので赤い龍ってだけでかなり仕事をしてくれます。他にも、盤面があまり並ばないチャフ連打ルートの時の貴重な打点追加や余裕があれびスパークケア等、勿論アタッカーとしての仕事もこなします。言うまでもなくコイツも実質轟轟轟ブランド()



ビビム


テキスト確認率脅威の100%、オシャレポイント20000のハイパー素敵カード。まぁ知らないと思うのでテキストを書いておきます。


凶鬼04号ビビム

6コスト 7000 マフィギャング

Wブレイカ

・このクリーチャーがバトルゾーンまたは墓地を離れた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。


まぁお分かりでしょう。ナスオ、ゴーヤマで墓地に仕込んでクリクリやアップルを3000除去に変換するわけです。これがまぁ刺さること刺さること、今の環境大抵の序盤クリーチャーが退かせるわけですよ。天敵であるポクチンを必ず滅ぼすとっても偉い子です。



爆撃男


ナスオを2000火力に変換する。ダンディで落とす際は、相手の場に既にいたら爆撃、いなければビビムを準備と、相手の盤面に除去対象がいるかどうかでビビムと使い分ける。ゴーヤマでコイツを落としながらカクタスを出せば、ゴーヤマでマナが減って4マナになってしまっても、ミクセルを退かしながらカクタスでサーチしたドングリルを出すことができる。



最後に、使用する際には基本的には最悪よりも最善を意識して、最低限のケアで自分の最大の動きができるよう意識するといいと思います。また、取れる択が多いので、何度も対戦を重ねて状況に応じな1番濃い自分の勝ち筋とそれを実現する為の最善手が導き出せるようになれると、このデッキの良さが本当の意味で体感できると思います。





こんな感じでできるだけ簡潔にまとめたつもりですが結構長くなっちゃいましたが、正直もっと書きたい...()

まぁそれはまた次の機会ということで。僕の愛する野菜たちのことをちょっとでも知って、1人でも握ってみたいなぁって人が現れてくれることを心より祈ってこんな駄文を書かせてもらいました。まぁ回すのかなり難しい部類のデッキだとは思うので難しいとは思いますが僕の可愛い野菜、是非握ってみてはいかがでしょうか?

僕と野菜とスパイス達


どうもです。先日記事に書き起こしてもなおモチベーションが溢れていたので前回長すぎてカットした「今まで採用してきたカード」の紹介をしたいと思います()

因みに画像は大昔実際に使っていた構築です。まぁ本当にこんなカード入れてたよっていう証明みたいなもんですね。

f:id:aoyamatakenoko:20180921231228j:plain

多すぎるので長くならないように採用時の時代背景と軽い解説だけにしていくつもりですが多分書いてるうちにクソ長くなってると思います


では、文明毎に。


・トレジャーマップ

安定剤ですね。これに関しては時代云々関係なく枠さえあればピン投してました。2ターン目ナスオを安定させる方、トップで腐りにくい点が優秀でした。


・ドラピ

1ターン目に自爆させることで2ターン目にクリクリイガラーズやビクトリーアップルに繋げ、野菜版ドリーミングムーンナイフのような動きができ、3ターン目にカクタス、4ターン目にゴーヤマドングリルへと繋げる動きが第2の黄金ムーヴでした。また、一時期はグールジェネレイドを同時採用し、彼の蘇生要因としても仕事をしてくれました。あと言うまでもなくドラゴンです。因みにプチョヘンザされると自害しなくなります()

環境の高速化により枠が足りなくなり、安定性を落としてでも色々積む必要が出てきたので引退しまたが、初期の段階から物凄い長い間お世話になりました。


・ギョギョウ

主にレッドゾーン環境の頃に採用。進化元込み2コストで打点を生成できる上、ラグマールで相手を縛ることもでき、最高のカードでした。相手が侵略するほど盤面が伸び、禁断解放されてもその後にこちらの処理が入り、しかもドングリルよりパワーが低いのでレッドゾーンで焼かれにくかったんですよね。


・コアラ大佐

赤と白が自然に採用される為効果が使いやすく、下準備無くエタトラを貫通したかった為採用。同時期に試したサンマッドは微妙だっだものの思った以上に活躍してくれた。


・キリンソーヤ

黒単ヘルボ全盛期、基本的にジャスキルをトリガーで防がれて盾ゼロだけどブロッカーで耐えられるといったパターンだったのでそれら無視してダイレクトアタックする為に採用。他にも、同時期に多かった天門をクロスファイアを絡め強引に突破するのにも使った。


カンクロウ

キューブ期に採用。GT殺すマン。

緑でドラゴンな点が同じくGTを貫通するクロスファイアと比較した時の利点。しつこいようにドラゴンである点を利点としているけど、それ程にビクトリーアップルのフォートEが発動するかどうかは重要で、追加効果のあるDNAやマスパを選ばずこちらを採用しているあたりからこの違いがどれ程重要かを察して頂きたい。


・ダンプタンク

まずお前誰やねん!って人、大丈夫です、それが普通です。こいつですよこいつ

f:id:aoyamatakenoko:20180921225822j:plain

ドラピと同じくらいからずっとお世話になったカード。テキスト確認率脅威の100%。時にはガトリングを苦しめ、レッゾのトップギアを退け、オチャッピィやプロメテウスを焼きリスやイメンのボアロ龍解を妨げ、青黒のハンデスで踏ませてベララーやビューティシャンを突破し、0コストでジョバンニを焼き...本当に物凄い仕事量をたった1枚でこなしてくれました。今でも赤である点が差別化点なので全く採用される可能性がなくなったとは言えない状況だったりします。


・単騎マグナム

赤いカード4枚でこいつをやりくりしてましたが、3分の1は湧水で吊ってました。天門を筆頭としてキツいデッキをいとも容易く突破させてくれます。また、当時は湧水デスゲ+クロックピンだったので逆に使われると即死するカードでもありました()


GENJI XXX

天門殺すマン。基本インフェルノサインから出していたが、手出しも結構していた。天門を後から見れる数少ないカード。ドラゴン。


クロスファイア

簡単に墓地が貯めれるので1枚でも簡単に運用できました。GTやエタトラを貫通したり大型獣を殴り返したり追撃アタッカーとして活躍したりとダンプタンクに次ぐくらいには多くの仕事をこなしてくれました。今は轟轟轟が跡を継いでくれています。また、デッキで1番多くのドラマを作ってくれたカードでもあり、トップクロスファイアで逆転みたいなことが沢山ありました。トップクロスファイアに繋がるカードではなく、直接来てくれるあたりが胸アツでしたね()


・メガマグマドラゴン

ジョーカーズやサザン、白緑メタリカ等の横並びした盤面と自分の盤面を一掃するドラゴン。自分への被害も尋常じゃなかったものの、意識して立ち回りさえすればこちらの被害は抑えられるので。というかこうでもしないとやってけない環境だったんです。因みに当時赤いカードは5枚でしたが垢マナに困ることはそんなになかったです。


ハヤブサマル

ビクトリーアップルで使い回しが効くので相性が良く、ビートダウン環境だった頃はとても活躍してくれました。今はワンショットやウィニーばかりで中途半端に殴ってくるデッキが少ない為あまり採用は頭に入れてないですが、彼も環境次第で直ぐに現場復帰するレベルのカードです。


・攻守の天秤

全タップでなくても1ターンしのぎさえすればいい盤面がほとんどなので、手打ちしやすい3コストでプチョヘンザを対策できる為採用。前任のビリビリツインサンダーの完全上位互換。


・オリオティスジャッジ

メガマグマ同様、自分への被害<相手への被害という思考で強引にでも踏み倒し系の速攻(主に剣)を相手する為のカード。今もデスザークを意識して入れるかどうかとても迷っているので、調整パーツとしては必ず持っておきたい1枚。


・タテブエヤッホー

湧水ガン積みとクロックが入っているので相性は完璧だった。あまり複雑な動きや対面意識とかもないのでこれ以上語ることはないのでこのスペースで僕の推し、青山ブルーマウンテンさんの良さを語ろうと思ったがあんましスペースがなかったのでまたの機会とする()


預言者マリエル

こちらは小型野菜が殴れるので相手次第では相当有利に立ち回れるカード。使い所が難しかったが、それさえ体に覚えさせればとても強いカードだった。


DNAスパーク

強いが基本的にゴーヤマで5マナで縛ることが多く手打ちが出来ない。ブロッカーの突破やタップキルの為に結構な頻度で手打ちしたいことがあったので追加効果がどれ程の影響かを考え採用を考えた思い出。


・エマージェンシータイフーン

ナスオの水増しで、カウンターバイケンをギミックに入れていた頃に採用。この頃は色々と試していた時期で、ラムダやどん水等色々なルートを考えたが、今入れるとしてもこれとバイケンくらいだろう()

因みにバイケンはドラゴン。


・シャッフ

天門殺すマン。1枚でも湧水で運用でき、天門以外にもトリガーや攻撃を止める役として腐ることがほぼないのも強みだった。


・クローチェフォーコ

墓地ソが憎くて積んだ。0マナのドラゴンは大抵採用圏なのだ。因みに墓地リセットは自分もキツいので投げるタイミングは難しく、掴むまでかなり時間がかかった。


・サイクリカ

墓地に仕込んでおいて、デスゲートを2連打しながら盤面を強化する。8コスト以上の大型獣が簡単に出てきたキューブ期にお世話になった。ドラゴン。


・ザビミラ

異端児の割に採用期間はかなり長く、プチョヘンザの返しや天門相手等の突破がほぼ不可能な相手を殺す役割を担った。野菜が軒並み1コストで出るのでマナからこいつを拾いながら破壊コストを稼ぐことができ実はかなり相性がよかった。


・魔天降臨

異端児。レッドゾーン等の速攻に無理矢理対応する為に採用。昔天門に魔天が流行った時みたいな感じで使ってた。ギョギョウ立てて魔天でロックするみたいなこともできた。


デッドゾーン

リバイヴホールとセットで採用。どちらも相性の良さの塊みたいなカードなので当然強かった。一時期はブラックサイコをゴーヤマで落としてリバイヴに繋ぐみたいな構築にしたり色々と派生した。


・デスゲート

黒くて腐りにくいクロック。湧水のように確定でクロックを吊れない他、白の方が積みたいカードが多かったのでリストラしたが、採用時にはザビミラの色マナとしても働いたり9コスト以上を殺してザビミラを蘇生など、ザビミラルートをとる際にはとても強かった。


インフェルノサイン

1コスト重いが各種にゴーヤマが吊れる湧水。主にGENJIと相性がよかった。


・デビルバンド

確除去トリガーが欲しかったのと、墓地さえあればワンチャン返せる...みたいな盤面が多かったので採用。ダンプタンクがめくれてギリギリ耐えたというドラマを所持している。


グールジェネレイド

墓地に仕込んでおけばゴーヤマ等で余った1コスト(ドラピ)で呼び出せるドラゴン。エタトラを貫通したり1枚でも十分仕事をしてくれた。


・修羅の頂

ザビミラでは天門が倒せるか確定でなかった為、確実に絞めれるこちらも一時期採用していた。ただし天門以外には刺さりにくくなったので天門をどこまで重く見るかという択であった。


・フレッシュレモン

レッドゾーン相手に盾ゼロで無理矢理耐える為に採用。1000なのでよっぽどのことがなければ死なない使用。一応白も青も入っているが、ゴーヤマや湧水、ギョギョウから出すカードだったので手出ししたことは1回しかない。中途半端に墓地アドを与えると返しに打点を揃えかねないので相手も殴りづらく、数ターン稼ぐことができた。クローチェとの相性も良い。因みにこいつとラフルルが今までで採用された2枚限りの多色カードだ。


とまぁ結局そこそこ長くなっちゃったけど大体こんな感じだ。環境次第でまたお世話になる可能性のあるカード達なので野菜に興味を持ってくれた方は頭にいれておくといいかと思います。因みにここに書いた以外にもお世話になったカードは結構あるのですが、再度採用される可能性のあるものや頭に入れておくと良いものだけに絞って紹介しました。興味がある方はリプなりDMにて声かけてください。それでは()


ワイルドべジーズと僕

なんやかんや色々あって僕のメインウェポンであったワイルドベジーズを再び組み直すことになったので昔の僕を知らないFFの方向けにちょっと色々書いてみようと思った次第です()

構築記事が目当ての方は下の方まで適当に飛ばしてね


僕とワイルドべジーズ(以下野菜)はE2期、通っているカードショップの先代にあたる某氏の野菜を見て、軽い気持ちで試しに組んでみたところから全てが始まりました。回してみて初めて気付くデッキの奥深さや可能性を感じ、瞬時に自分の求めていたデュエル・マスターズがこれだと感じました。


野菜にはカード11枚に物凄い量の使用用途があり、それこそ1枚づつ全てを紹介ていたら日が暮れるくらいの勢いで本当に頼もしい仲間達でした。因みにですが、ハンドルネームのたけのこも、当時身を置いていたlobiというチャットアプリにてレイジングバンブーの用途を延々と垂れ流した結果「レイジングバンブーの人」扱いを受けるようになったのが原因だったりします()


彼らとの生活は本当に楽しいもので、時には不利対面を克服する為に、時には環境の変化に順応する為に数々の英雄とドラマを産みながら身内と共にデッキを練る日々は本当に最高のものでした。


そんなこんなで月日は流れ、数々の死線を乗り越えてきた僕と野菜は、ついに昨年終わりを迎えました。原因は、ジョーカーズ等の種族指定でのサポートの普及により、野菜の新規強化カードが望めなくなったこと、メインの防御を貫通し、しかもカード1枚でほぼ詰み状態に持ってかれるミラダンテXIIの繁栄です。勿論他にもありますが大きな原因はこの2つです。


野菜が無くなったこともあり、通常環境へのモチベーションもかなり下がりEDHに逃げ続けた末、最近ではデッキを持ち歩くことも少なくなっていたところに再び救いの手が。CSで野菜を見かけたという声。そして調べてみて見つかったのが、かつて自分が野菜を布教した(というより勝手に染まってくれた)某FFの姿でした。


とまぁ長くなりましたがここまでが僕と野菜との超おおまかな今まででした。そんなこんなで今は最高に楽しいデュエマライフを送っています。というわけで構築記事に入ろうと思います()

f:id:aoyamatakenoko:20180921003637j:plain

こちらが現在の構築。青山ブルーマウンテンさんがとても可愛いですね。今のところ細かい枚数調節の段階なので大きく変更する予定はありません。


まずこのデッキの魅力は「勝ち筋が常に存在する」、「採用できるカードの幅が広すぎる」の2つだと思っています。相手が○○した時に○○できれば勝機がある!といった状況で常に戦っているようなイメージですかね。また、環境の変化に応じて数えきれない数の型を編み出すことができるのです。


そして強みは欲しいカードへアクセスする手段が豊富で、デッキに1枚のカードを持ってきたり使い回したりすることが出来ます。また、少ないマナ少ない手札からでもハンド次第では一気に横展開をかけることもできます。


ここからは採用カードの解説になります。できるだけ短くするつもりですが長くなったらすいません()


・バロンゴーヤマ

デッキの軸とも言えるカード。デッキから好きなカードをマナに置く役割、好きなカードを墓地に落とす役割を同時にこなしながらマナから野菜を展開します。カクタスを出すのが定石ですが、デッキから手札に加えたいカード(主に轟轟轟やラフルル)をマナに置き、クリクリイガラーズを踏み倒してマナに置いたカードを回収などといったサーチもこなします。


・ドングリル

デッキのフィニッシャー。基本ムーヴのナスオクリクリゴーヤマカクタスで4体展開からの踏み倒しの他、ビクトリーアップルとナスオを連打して5マナで一気に4体並べて進化というパターンもよく使います。それだけでなく、対面や状況によっては5コスト払って進化するパターンもかなりあります。6マナビクトリーアップルドングリルや5マナナスオ湧水ドングリル等も視野に入れておきましょう。


・グレイトカクタス

素出ししても強いですが、それをするのは弱いパターンの時なので3枚。盾落ちを割り切るなら2枚でもいいが、3枚目を使うことも普通にあることを考えこの枚数。主にゴーヤマから踏み倒し、主にドングリルや次のゴーヤマをサーチする。


・パラスラプト

主にデスザーク対策。序盤にアグロするので盾は大抵2枚以下まで削れるので、処理された野菜たちをマナに還元、マナからクリクリイガラーズやビクトリーアップルを召喚することでマナ回収を行い、ハンドゼロから巻き返す。ドラゴンなのでビクトリーアップルのフォートEで参照可能。


ビクトリーアップ

初動兼潤滑油兼マナ回収兼墓地回収兼進化元兼その他色々。まさに縁の下の力持ち。1マナ起こす為実質1コスト。連打するだけでハンド消費なく横展開ができるぶっちゃけ神()


・クリクリイガラーズ

ビクトリーアップルと違いタップインしてしまうが、ゴーヤマで踏み倒してもマナ回収が行える。序盤クリクリイガラーズかビクトリーアップルかどっちを出すかの択は対面次第だがマナに置いておきたいクリクリイガラーズを残すことが多い。


・ジオナスオ

初動。クリクリイガラーズやビクトリーアップルのマナ加速に繋げる為のカード。実質1コスト。ジオナスオ湧水ゴーヤマといった動きはそこそこするので頭に入れておくといいだろう。


・ダンディナスオ

ただの神。もはや語るまでもないだろう。


・初不

ビクトリーアップルのフォートEを参照できるスパーク。ハンドに来たら(優先して埋めたいカードがなければ)即座にマナに置ける貴重な白マナでもある。思ってたよりはクリーチャー側を使用する機会がある。といってもクリーチャーで出すことはまずないと思ってたのでアレなんですが()


・湧水の光陣

ハンドに来ても腐らないクロック。トリガーから来ても腐ることの少ないトリガーで、キルが通らない場合はゴーヤマを蘇生してカウンターをすることも可能。サーチカードで盾を把握できるので埋まっている前提でのプレイができ、墓地に落とすカードを選択できるのもこのデッキの強み。


・ミクセル/ジャミングチャフ

救世主。環境の多くにメタを張りながらトリガーケアまで行える。盤面に野菜を巻いてチャフ連打で処理をさせずに押し切るルートもなかなか強力で、ジョーカーズや剣の時間稼ぎまで兼ね、しかも打点...ほんと壊れてんだろ()


・轟轟轟ブランド

トップサーチカード打点へと変換するカード。このデッキだこらこそ1枚で機能する追撃要員。ナスオクリクリゴーヤマカクタスグリル轟轟轟などといった動きも可能。因みに結構な頻度で1ドロー付きで出てくる。


・バルチュリス

決定打不足を補う1枚。トリガーを一部ケアしながら出てくるだけでなく、チャフ連打ルートで0コスト打点追加があるとかなり余裕ができる。こいつもドラゴン。


・ビビム

先行ナスオで落としてクリクリイガラーズやビクトリーアップルで3000火力を飛ばす。存在全てが天敵のぽくちんチンを全力でメタる。


・爆撃男

ビビムでは後攻の時に除去が間に合わないので即座に効果を発揮するこちらも採用。主にヤッタレマンが死ぬ。


・クロック

縦把握して湧水が埋まっていれば墓地に落としておけばいいので実質5積み。カウンターでラフルルにチェンジしながらキルをすることも多い。墓地メタや墓地に落とす余裕がない時のことも考えて1枚でなく2枚。


・ラフルル

唯一のタップインに涙することも多いが、それでもなおプラスの状況の方が多いのは言うまでもない。因みに素出しすることもそこそこある。そしてドラゴン。


とまぁこんなとこです。〆っぽいことなにも思い付きませんが、今回伝えたかったことは僕が野菜復帰したよーってことと青山ブルーマウンテンさんが可愛いよーってことの2つです。疲れたので今日はここまでにしとします。気が向いたら更新かけたりするかもです。なんかあればリプなりDMなりくれれば対応しますので。それではまたの機会に()

【ガチロボ統率視点】轟快ジョラゴン!!Go Fight!!前編

f:id:aoyamatakenoko:20180331220743j:plain

新弾発売ということで、ガチロボ統率視点での新カードの考察をしていきたいと思います。

いやぁ、ツインパクトカードの登場で統率ガチロボの序盤のマグロ率が下がるの、クソありがたいですね()

まぁ御託はいいとして早速、本題に入りたいと思います。


まずは多色9コスト軸。

f:id:aoyamatakenoko:20180331222642j:plain

5ターン目に踏み倒しができるのに加え、クリーチャー側でも踏み倒し効果で盤面を伸ばせる優秀な子です。ブロッカーを多めに採用するのであれば確実にお世話になるでしょう()


次にこれ。

f:id:aoyamatakenoko:20180331221427j:plain

現在水単色or無色の8コストクリーチャーはコイツを加えて55種、マーシャルクロウラーは禁止なので54種のカードが存在します。チャージャーやクロックを足せばそろそろ8コスト軸の統率者ガチロボも実現できますね。まぁ、そのうちの8割くらいはホーガンやグランドダイス等の悲しみを背負ったカードやスペックの明らかに足りないカードなんですが...


次に多色8軸。

f:id:aoyamatakenoko:20180331222224j:plain

コイツは控えめに言って神ですね。正直言うまでもないでしょう()

初動として使える上に場に出た時のスペックも高いというまさに待ち望んでいたカードです。

f:id:aoyamatakenoko:20180331222421j:plain

クリーチャー側は蘇生対象がガチロボと統率者のみとはいえ、一番蘇生したいカードを蘇生でき、なおかつ5ターン目に飛ばせる除去となるとほぼ必須クラスになってくるのではないだろうか。


次、青単7軸

f:id:aoyamatakenoko:20180331223401j:plain

新規トリガークリーチャーのウーニ君。正直強いとは言い難い、むしろ残念と言える程のスペックですが、そもそも7軸青単ガチロボにはまともなトリガーがいなさすぎるので高望みはいけません。あわよくばスパイラルハリケーン、ついでにチャージャー呪文が撃てればなぁくらいに考えましょう。それにどんなテキストだろうとガチダイオーに侵略できる点は変わりませんしね。

f:id:aoyamatakenoko:20180331223721j:plain

今回の目玉カード!勿論シナジーは皆無です()

ですが、ジョーカーズであることが大事。現在7コストの無色ジョーカーズはコイツを含めて全7種。チャージャー枠のワンタンメンチャージャーを加えてデッキ内に8枚確保できるわけです。察しのいい方ならお気づきだろう。そう、ゴールデンザジョニーやジョリーザジョニーのジョーカーズ参照能力を発揮する際にカウントできるのだ。そんだけの為にこの準バニラを採用するのかだって?いやいやいや、やりたいじゃん!マスターブラスター!


ネクスト、多色7軸

f:id:aoyamatakenoko:20180331224154j:plain

コイツは今回一番の大物。4コストで除去を飛ばせる光の7コスト。過剰回収が必要になるこのカード、そんな過剰回収するほどか?という人の為に説明すると、まず光はコルテオやゼロカゲのような優秀な防御カード、サッヴァーク等のパワーカードが揃っていて、ロジックサークル系からクリメモを経由してガチロボをサーチできる為多色ガチロボに採用されやすい色なのだ。その上呪文サーチで回収までできると言えばもう分かるだろう。つまりはそういうことだ。

f:id:aoyamatakenoko:20180331224659j:plain

4コストで遅延可能な光の7コストクリーチャー、以下同文だ()

f:id:aoyamatakenoko:20180331224820j:plain

天敵のオニカマスを処理可能で盤面処理から防御まで担える優秀な子。他のカード程の強さは感じないが採用は前向きに検討できる性能は持ち合わせている。

f:id:aoyamatakenoko:20180331225024j:plain

ドローの付いてくるイーグルバトッチや確実に6000火力の出せるメリーKENバンドなとのライバルがいるが、SSTで14000火力が出せたり、他のクリーチャーとバトルさせることもできるので一概にどれが良いとも言い難いが、そもそも赤の7コストリガークリーチャーが貴重なのでとても嬉しい限りだ。


どうだっただろうか?とりあえず長くなりすぎるので前後半に分けておくが、こんなんで統率ガチロボに興味を持ってくれる方がいたら嬉しいなぁと思うおいらなのであった()

7軸エンコマ型統率ガチロボ

f:id:aoyamatakenoko:20180321011551j:plain

統率者:ミラクル1ドレミ24

ガチロボの踏み台。3コスト呪文サーチからヒラメキを持ってきてコイツから撃つことで1ターン早くガチロボを着地させられる。

ヒラメキやガチロボが盾落ちした時はダイソーで革命チェンジや統率ドローをすることもある。

f:id:aoyamatakenoko:20180321010449j:plain


コンセプト:ブロッカー等で固めながらハンドを稼ぎ、タイガーレジェンドで展開しアルファリオンでフィニッシュ。


序盤:呪文サーチでデッキを圧縮しガチロボの成功率を上げる。ヒラメキは4ターン目に、ダイソーは5ターン目のドレミ24の効果で呪文サーチを唱え回収するのが基本だが、革命チェンジで盤面を誤魔化したい時は4ターン目にダイソーを回収する。

f:id:aoyamatakenoko:20180321010508j:plain


中盤:他プレイヤーの盤面を抑えながら手札を稼ぐ。革命チェンジやヘブンズヘブンがあると余裕を持って動くことができる。

f:id:aoyamatakenoko:20180321010659j:plain

ただし、ヘブンズヘブンは龍解させたくないので3体以上ブロッカーを置きにくくなるという大きなデメリットを背負うことになる。

f:id:aoyamatakenoko:20180321010617j:plain


後半:ある程度各プレイヤーの盾が減り、ハンドが整ったらタイガーレジェンドからブロッカーを撒いてエイヴン、アルファリオン、ダンテを絡めてプレイヤーを落としに行く。

また、タイマン時には10コスト払ってアルファリオンも割とよくあるので視野に入れておくと良いだろう。

f:id:aoyamatakenoko:20180321010718j:plain


このカラーは中型ブロッカーが固まっていて新規が来やすく、採用基準も緩いため結構な頻度で改良することができる他、行動が割とワンパターンなのでEDH初心者にも割と使いやすいかと()

5軸ニューディア型統率ガチロボ

f:id:aoyamatakenoko:20180202221420j:plain

統率者:ニューディアボロ

デッキコンセプト。5コスト帯のクリーチャーにたりないカードパワーを補うこのデッキのメインアタッカー。

時には無駄に自分の盤面を食べてヘイト管理もこなす偉い子。


コンセプト:ガチロボで展開したクリーチャーでコスト軽減し、ニューディアボロスで盤面をコントロールする。

その為、ニューディアボロスを着地しやすくする為にノーコストで踏み倒せるカードが採用されている。

f:id:aoyamatakenoko:20180202221731j:plain

また、他にもカード1枚で複数体展開することの出来るカードも採用してある。特にヤミノグーテリアンは、他のプレイヤーの盤面がヤバい時に協力を募り確実に蘇生を狙うことができる。

f:id:aoyamatakenoko:20180202221936j:plain


序盤:ガチロボをサーチしたりマナを増やしたり、自分の盤面を整える。基本的には10マナで1ターンにカードを2枚プレイするのが理想だが、統率召喚のコスト増加もあるのでマナは増やせるに越したことは無い。

登場時とみのクリーチャーは場に残りやすく、ニューディアボロスのコストにしやすいので大事に扱うと良い。

f:id:aoyamatakenoko:20180202222229j:plain


中盤:ガチロボや超次元クリーチャーでコストを稼いでニューディアボロスを着地させ、盤面除去を行う。硬そうなプレイヤーには統率ドローも入るので盾を狙うのもありだが、盾回復の無い赤や緑に4ブレイクはかなりヘイトを稼ぎやすいので注意。なお、除去されたガチロボを回収するカードはかなり豊富で、ニューディアボロスとエスケープを組み合わせればサッヴァークによる盾送りもケアできる。

f:id:aoyamatakenoko:20180202224506j:plain


後半:ドギラゴン剣からのキリューやヤヌスグレンオー+革命チェンジ連打で味方にスピードアタッカーをばら撒き、ミスティーナやサードニクスで打点を伸ばし一気に攻め切る。硬そうな相手にはラフルルやギガクローズを絡めたり、ブロック対応ソニックマルで大型クリーチャーを起こして再攻撃を仕掛ける。

f:id:aoyamatakenoko:20180202223144j:plain


この構築を見てティコラクスやウラルス等、違和感のあるカードがいくつかあるだろう。これらの採用理由はこのデッキのサブコンセプトにある。主はこのデッキを「古明地さとり」のスリーブに入れており、相手の非公開領域に踏み込むことの出来るカードを積極的に採用している、ただそれだけの理由だ。なので彼らの枠はミストリエスヨーデルワイス等もっと他に好きなカードを入れるといいだろう。

f:id:aoyamatakenoko:20180202223615j:plain


さて、最後は無駄な内容になってしまったが、この統率ガチロボはかなり気に入っている部類なので、興味のある人は是非試して欲しいと思う。観覧ありがとうなのじゃ()