たけのこの統率ガチロボまとめ

自称統率ガチロボ最多所持者の主が構築を軽く解説してくブログです。文章書くのが下手くそなのでそこのところは理解の程お願いします。

5軸ニューディア型統率ガチロボ

f:id:aoyamatakenoko:20180202221420j:plain

統率者:ニューディアボロ

デッキコンセプト。5コスト帯のクリーチャーにたりないカードパワーを補うこのデッキのメインアタッカー。

時には無駄に自分の盤面を食べてヘイト管理もこなす偉い子。


コンセプト:ガチロボで展開したクリーチャーでコスト軽減し、ニューディアボロスで盤面をコントロールする。

その為、ニューディアボロスを着地しやすくする為にノーコストで踏み倒せるカードが採用されている。

f:id:aoyamatakenoko:20180202221731j:plain

また、他にもカード1枚で複数体展開することの出来るカードも採用してある。特にヤミノグーテリアンは、他のプレイヤーの盤面がヤバい時に協力を募り確実に蘇生を狙うことができる。

f:id:aoyamatakenoko:20180202221936j:plain


序盤:ガチロボをサーチしたりマナを増やしたり、自分の盤面を整える。基本的には10マナで1ターンにカードを2枚プレイするのが理想だが、統率召喚のコスト増加もあるのでマナは増やせるに越したことは無い。

登場時とみのクリーチャーは場に残りやすく、ニューディアボロスのコストにしやすいので大事に扱うと良い。

f:id:aoyamatakenoko:20180202222229j:plain


中盤:ガチロボや超次元クリーチャーでコストを稼いでニューディアボロスを着地させ、盤面除去を行う。硬そうなプレイヤーには統率ドローも入るので盾を狙うのもありだが、盾回復の無い赤や緑に4ブレイクはかなりヘイトを稼ぎやすいので注意。なお、除去されたガチロボを回収するカードはかなり豊富で、ニューディアボロスとエスケープを組み合わせればサッヴァークによる盾送りもケアできる。

f:id:aoyamatakenoko:20180202224506j:plain


後半:ドギラゴン剣からのキリューやヤヌスグレンオー+革命チェンジ連打で味方にスピードアタッカーをばら撒き、ミスティーナやサードニクスで打点を伸ばし一気に攻め切る。硬そうな相手にはラフルルやギガクローズを絡めたり、ブロック対応ソニックマルで大型クリーチャーを起こして再攻撃を仕掛ける。

f:id:aoyamatakenoko:20180202223144j:plain


この構築を見てティコラクスやウラルス等、違和感のあるカードがいくつかあるだろう。これらの採用理由はこのデッキのサブコンセプトにある。主はこのデッキを「古明地さとり」のスリーブに入れており、相手の非公開領域に踏み込むことの出来るカードを積極的に採用している、ただそれだけの理由だ。なので彼らの枠はミストリエスヨーデルワイス等もっと他に好きなカードを入れるといいだろう。

f:id:aoyamatakenoko:20180202223615j:plain


さて、最後は無駄な内容になってしまったが、この統率ガチロボはかなり気に入っている部類なので、興味のある人は是非試して欲しいと思う。観覧ありがとうなのじゃ()