たけのこの統率ガチロボまとめ

自称統率ガチロボ最多所持者の主が構築を軽く解説してくブログです。文章書くのが下手くそなのでそこのところは理解の程お願いします。

ワイルドべジーズ2019winter

どうも、たけのこと申す者です。

書きたいことが多すぎてどうせ長くなるので前置きは全部端折ります()

とりあえず基本的な事とかは前の記事に書いてあるんで興味湧いた方とかはそちらを是非。


f:id:aoyamatakenoko:20190212033147j:plain


こちらが現在の構築。前に記事を書いた時のとかなり変わっていますが、環境次第でコロコロ変わるんデッキなんです。


f:id:aoyamatakenoko:20190212033823j:plain


そしてこちらが前に記事にした時の構築。前の構築から今の構築になるまでに色々と型が変わりましたがとりあえず今回は全部端折って前の構築からの大きな変更点のみを書きます。




まず1つ目はレレディバの登場です。彼の登場で初動とトリガーが兼用できるようになり、デッキにスペースが生まれました。詳しい用途は各カード毎の解説を下の方に書くのでそにらに()


2つ目は轟轟轟のガン投です。レレディバによって、デッキスペースを増やす事ができたので、轟轟轟の1ドローから残ったマナで次の轟轟轟に繋げていくのを勝ち筋の1つにしました。こちらも詳しくは各カード毎の解説の方に()


3つ目は湧水クロックのリストラです。デッキを回していくにあたって、緑以外のカードがハンドに来すぎてノイズになる場面が多く、そんな中湧水は呪文な為ビクトリーアップルやクリクリイガラーズで墓地から拾えず、初手でマナに埋めた際にナスオの墓地落としの選択肢から外れてマナから緑が消えるということが割と頻繁に起こった他、墓地にカードが準備できずトリガーが不発になったり、墓地やマナに落としたいカードが増えすぎてクロックを墓地に置く暇がなかったりと色々な事案を抱え、やもなすリストラとなりました。レレディバによってトリガーが確保できるようになったのも大きな理由の1つです()



ここからは各カード毎の解説になります。基本的には前の記事に書いた通りですが、構築が変わるにつれて増えた仕事とかもあるので一応新しく書き直しときます()



ビクトリーアップ


主に初動兼潤滑油です。初動としてはレレディバやナスオから繋いでマナを伸ばします。アンタップインなのでナスオから繋いで3ターン目にこいつを含め2枚のカードがキャストできます。ナスオアップルミクセルみたいなのが強いムーヴですね。因みに野菜をタップして出さないとマナを増やせない為、ゴーヤマから呼び出しても効果が使えないので注意が必要です。後半はマナや墓地回収と幅広く活躍してくれます。轟轟轟の1ドローから引けば序盤に埋めたマナの轟轟轟を拾えるので実質轟轟轟ブランドです()



ジオナスオ


初動です。墓地を肥やすのでビクトリーアップルやクリクリイガラーズに繋ぎます。アンタップインなので実質1マナで、相手のフルパンを受けた後に実質1コスト野菜を大量展開して殴るルートもよく取ります。後で書きますが、登場時相手クリーチャー1体を-2000する隠しテキストがあります()



クリクリイガラーズ


初動兼マナ回収です。ビクトリーアップルと違いタップインなので使いやすさは劣りますが、マナに置いておくとゴーヤマで出した時にも効果が使える為、ビクトリーアップルと両方引いた時は基本的にクリクリイガラーズをマナに埋めます。マナの轟轟轟を拾うので実質轟轟轟ブランドです()



ダンディナスオ


神です。初動、盾把握、轟轟轟ブランドの仕込み、各種色マナや龍マナの確保、ビビムの仕込み、爆撃etc...もはや仕事しかありません。書くことが多すぎて逆に書くことがありません()



グレイトカクタス


中盤~終盤に活躍するカード。2→4で動いた時は基本的にゴーヤマを、3→5で動いた時はゴーヤマから踏み倒して次弾を補充したりドングリルをサーチしたりと、デッキの核のうちの1つ。上記以外にも状況に応じてアップルやクリクリ、ダンディをサーチすることも多いので現状の最善手、勝ち筋を意識しながらキャストするとかなりデッキを回すのが上手くなると思います。轟轟轟ブランドをサーチするカードをサーチするのでマナがあれば実質轟轟轟ブランド()



バロンゴーヤマ


デッキの核。コイツから動かなくても色々できたり、轟轟轟のノイズになることが多いと感じたので2枚。減らしてもどうせカクタスでサーチできるのであまり気にならなかったので今のところはベストな枚数だと感じています。主な仕事内容ですが、重い代わりに仕事量が物凄く増えたダンディナスオみたいな感じです。ダンディナスオの欄に書いた事に加え、踏み倒す効果があるので、やれることも格段に増えました。まず1番一般的なカクタスを踏み倒すルート。後続のゴーヤマやアップルも約束されテンプレムーブ通りに事が運べばドングリル着地でフィニッシュがかけれたりと、1番安定します。次にクリクリイガラーズを踏み倒すルートです。クリクリイのマナ回収能力と合わせて好きなカードを手札に加えられます。カクタスと違う点は野菜以外もサーチできるという点です。基本的には轟轟轟ブランドやバルチュリス、ハヤブサマルを回収します。マナが2枚減るのでそこは注意が必要です。クリクリのルートはもう1つあり、主にポクチンを倒す為にビビムの効果を誘発するルートです。デッキからビビムを墓地に送りクリクリでそのままマナに戻すことで即座に除去を飛ばせます。轟轟轟ブランドで走る時に主に使われます。最後に、ナスオを踏み倒すルートです。このルートは手札に余裕があり、強引に盤面を展開する際に使います。簡単な話、2マナ起こせるのでさらに手札から1枚キャストできるという寸坊です()



ドングリル


フィニッシャーです。昔は手札に1枚ドングリル+カクタスで1枚サーチでキルが通る計算でしたが、今の環境どうせ展開しても除去が飛んできたりそもそもテンプレ通りにカードをプレイする余裕が無かったりですし、轟轟轟+カクタスでサーチでも同じ事ができるのでカクタスでサーチ前提の2枚しか採用していません。5コスト払って普通に投げることも割と頻繁にあるので視野に入れとくと役立つと思います。轟轟轟ブランドから引いた時に0コストで2打点作れるので実質轟轟轟ブランド()



レディバグーバ


トリガー兼初動とかいう異端児、というか救世主。初動と言うにはツインパクトの枚数怪し過ぎない?というそこの君!まだまだこのデッキの本質が分かってませんね。逆になるほどなぁって思った人はかなり良いセンスをしてるもしくは僕の過去記事を読んでくれた優しい人だと思います()

あのですね、1ターン目にクリーチャーが墓地に落とせるという事に意味があるんです。そうすることで2ターン目に出すクリクリイガラーズやビクトリーアップルで1ブーストができ、次のターンにカクタス、その次はゴーヤマと繋がる第2のテンプレムーブが可能になるのです。と、おおそれたことを言ってますが結局やってることは大掛かりなドリーミングムーンナイフなんですけどね...。まぁそれがワイルドべジーズでできるってのが強いのでまぁそういうことです。それに加えてあわよくばミクセルや龍マナが拾えて9000と轟轟轟ラインの除去トリガーまで着いてくると思えばオーバースペックにも程があるってもんです。因みに回収は強制の為、轟轟轟の為にハンド消化がしにくいので注意が必要です。まぁ確実に消化できないよか1コストでワンチャン使える方がまだ良いっしょってことで()



龍装の調べ不初


トリガー兼龍マナ。ビクトリーアップルのフォートEを達成するドラゴン枠と、1ターン凌ぐことのできるスパークトリガーという超絶タッグ。ツインパクトマップでサーチできる龍&白マナで、ミクセルの色マナ確保等縁下からデッキを支える。そしてなんと、結構クリーチャー側で場に出す()

殴ってきた返しに間に合うとかなり時間が稼げます。しかも、ビクトリーアップルやクリクリイガを絡めると何ターンか連打することができ、相手次第ではほぼ突破できなくなり、チャフや単騎で確実にフィニッシュする択が作れます。



ミクセル


初動兼妨害兼フィニッシュ。言うまでもないぶっ壊れ。大抵の相手に投げ得なので暇あらば投げるが、相手のデッキや動き次第で自分の動きを優先するか相手の妨害を優先するかはプライヤーの力量次第。死んでも死んでもツインパクトマップでサーチしたりアップルで拾いなおしたりと次々と湧いてくる。また、主に白ゼロサッヴァーク等相手にジャミングチャフを撃ち込んで殴りかかる。刺さる相手に1度撃てば、アップル等で使いまわしてかなりのターン撃ち続けられるので、そのうちにちまちま殴るプランも有効な事もある。



ハヤブサマル


防御札。以前トリガーとして採用していたオリジャや湧水と違い、大きく盤面を返せないレレディバが採用されたことにより、防御を少しでも水増しする為に採用。白いカードが8枚では少し不安だったのも採用理由の大きな1つ。1度使った後もビクトリーアップル等で拾い直すことで何度も使用できる。また、轟轟轟ブランドで次のターン走る気で殴っている時は相手のブロック時にニンジャストライクで出し、ハンドを減らしておくというプレイも稀にするので頭に入れておいて欲しいところ()



轟轟轟ブランド


フィニッシャー。前は攻めきれなかった時にトップドローを轟轟轟ブランドにアクセスするカードにすることで即時打点へ変換する為の採用だったが、今は轟轟轟ブランドの1ドローから次の轟轟轟ブランドへアクセスし、一気に盤面を展開する為の採用になった為、赤マナ確保や序盤マナに仕込んでおくことも考えてガン投。実質12枚以上の轟轟轟ブランドが入ってることになるので頑張れば脳内麻薬たっぷり捻出の轟轟轟3連打くらいは現実的上振れライン。



単騎マグナム


赤いカードが6枚くらい欲しかった。バルチュリスにするか一番迷ってる枠。でもコイツがいないとクロックが突破できないので多分このままですね。ゴーヤマでマナを整えて次のターンにクリクリやアップルで単騎回収して召喚轟轟轟ブランドで打点通して勝ちみたいな使い方がほとんどです。数ターン余裕がありそうな時は積極的に狙うといいです。



バルチュリス


赤&龍マナ。ビクトリーアップルのフォートE対象は5枚以上が安定すると思っているので赤単色の龍で相性いいカードってので選ばれました。因みに候補はマグマジゴクとメガマグマですが、マグマジゴクはハンドに来た際の邪魔具合から、メガマグマは環境にあまり刺さってなさげなのと自分への被害を考慮した結果不採用になりました。赤マナ欲しいけど龍マナ置かないとアップルからデッキを回せないという場面がとても多かったので赤い龍ってだけでかなり仕事をしてくれます。他にも、盤面があまり並ばないチャフ連打ルートの時の貴重な打点追加や余裕があれびスパークケア等、勿論アタッカーとしての仕事もこなします。言うまでもなくコイツも実質轟轟轟ブランド()



ビビム


テキスト確認率脅威の100%、オシャレポイント20000のハイパー素敵カード。まぁ知らないと思うのでテキストを書いておきます。


凶鬼04号ビビム

6コスト 7000 マフィギャング

Wブレイカ

・このクリーチャーがバトルゾーンまたは墓地を離れた時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。


まぁお分かりでしょう。ナスオ、ゴーヤマで墓地に仕込んでクリクリやアップルを3000除去に変換するわけです。これがまぁ刺さること刺さること、今の環境大抵の序盤クリーチャーが退かせるわけですよ。天敵であるポクチンを必ず滅ぼすとっても偉い子です。



爆撃男


ナスオを2000火力に変換する。ダンディで落とす際は、相手の場に既にいたら爆撃、いなければビビムを準備と、相手の盤面に除去対象がいるかどうかでビビムと使い分ける。ゴーヤマでコイツを落としながらカクタスを出せば、ゴーヤマでマナが減って4マナになってしまっても、ミクセルを退かしながらカクタスでサーチしたドングリルを出すことができる。



最後に、使用する際には基本的には最悪よりも最善を意識して、最低限のケアで自分の最大の動きができるよう意識するといいと思います。また、取れる択が多いので、何度も対戦を重ねて状況に応じな1番濃い自分の勝ち筋とそれを実現する為の最善手が導き出せるようになれると、このデッキの良さが本当の意味で体感できると思います。





こんな感じでできるだけ簡潔にまとめたつもりですが結構長くなっちゃいましたが、正直もっと書きたい...()

まぁそれはまた次の機会ということで。僕の愛する野菜たちのことをちょっとでも知って、1人でも握ってみたいなぁって人が現れてくれることを心より祈ってこんな駄文を書かせてもらいました。まぁ回すのかなり難しい部類のデッキだとは思うので難しいとは思いますが僕の可愛い野菜、是非握ってみてはいかがでしょうか?