たけのこの統率ガチロボまとめ

自称統率ガチロボ最多所持者の主が構築を軽く解説してくブログです。文章書くのが下手くそなのでそこのところは理解の程お願いします。

たけのこの野菜年表のような何か

お久しぶり、あるいははじめまして。

たけのこと申します()


ちらっと見かけたナスディーンの記事に触発され自分も野菜との今までの歩みをまとめようと思った所存です。




E2期、そもそも僕が野菜と出会ったきっかけは最寄りのカードショップの先代が使っていたという単純なものでした。最初は「面白そうだしパーツもそこそこあるし組んでみるか」程度の認識でしたが、デッキを回しているうちにデッキのカード一枚一枚から編み出せる選択肢の多さや今まで使っていたカードの新たな使い方などに魅せられ、気付けば既に抜け出すことの出来ない領域にまで足を踏み入れていました。


この頃はまだ野菜のことを100%理解したとは言えず、採用されうるカードの選定等も下手くそで、ネット環境もほとんど無かった為、先代のアレンジのアレンジみたいな構築にどうしてもなりがちでしたが、それでも無いフルに頭を使って試行錯誤していました。


中でも最も奇抜だったカードが「緑神龍ドラピ」。ナスオで落としたグールジェネレイドを吊るのに使うのかなと思っていた当時の自分はやはり未熟そのもので、本来の用途(?????)としては1ターン目にドラピを出して墓地に置き、ビクトリーアップルやクリクリイガラーズでマナ加速をするという訳の分からない初動だったのだ。滅茶苦茶なことを言っているようにも聞こえるが、やっていることはただのドリーミングムーンナイフ、しかし種族がワイルドベジーズというだけで次のターンにはグレイトカクタスでバロンゴーヤマをサーチ、その次にはバロンゴーヤマでカクタスを展開すると丁度ワイルドべジーズが4体になりドングリル出せるようになるのだ。


正直E2期には知識が薄かった為これ以上特筆することがないのでとりあえず1年ほど時間を進めてみる。


まだまだ未熟だったE3期前半、今となっては何を思って採用したのか分からないケラサスもいい想い出だ。

問題は後半、だんだんと野菜を理解してきた僕は今後数年を共にすることになるカードと出会う。「沈黙の戦士ダンプタンク」だ。

f:id:aoyamatakenoko:20190512200535j:plain


誰やねん!!!って思ったそこのYou、心配するな。なんたって彼は大会において身内以外からのテキスト確認率100%の記録保持者だ。

横行した一撃奪取をナスオを出すだけでいとも容易く処理し、ビクトリーアップル等でマナに戻せば何度も、それも展開をしていくついでに使いまわせるというビートダウンや速攻対面での圧倒的な制圧力が、他のビートダウンを出し抜く一枚だった。


そしてもう一枚、「百万超邪クロスファイア」。

流石にこのカードは知っているだろう。野菜の詰み盤面生成マシン筆頭、5000GTへの回答として採用され、いつもピンチの時にトップから現れて多くの戦況をひっくり返してくれた、「相棒」とすら呼べるカードだ。野菜自体がそもそも墓地を活用することが多かったので、簡単に準備できる高パワーアタッカーとしても勿論活躍してくれた。


他にも、超強力なトリガー「終末の時計クロック」を手に入れ、墓地に好きなカードを落とせる野菜の特性を生かしたデスゲクロックが防御の要としてデッキの基盤が段々と強固なものになっていった。



時は流れてDS期、野菜歓喜のドラゴンプッシュ...と思いきや思いの外望んでいたドラゴンは登場せず、環境に合わせたカードを発掘していく一年となった。ビマナ対面はこちらに刺さる大型が少なかった為、そこそこの有利を取れ、連ドラは防御をクロックに頼っているので比較的楽に戦うことができた。また、イメンループもコストを水増しするオチャッピィやプロメテウスをダンプタンクが処理してくれたおかげで五分五分といったところまでは対応することができた。が、問題は天門、黒単、キューブの3種である。


まず天門対面、猿でもわかるガン不利対面だ。そこで採用されたのが「百発人形マグナム」だ。彼が事実上相手のトリガーを封じ込めてくれたおかげで最低限くらいは戦えるようになった。が、彼には決定的な問題点があった。そう、自分も巻き込むことである()

バロンゴーヤマやドングリルの展開が出来ないため、先に出すとこちらの展開も止まり、しかしはやく出さないと相手が動いてしまう、矛盾の塊だった。

さらにそこで採用されたのが「修羅の頂UANベートーヴェン」だ。何を言っているか分からない?もう一度言おう、「修羅の頂VANベートーヴェン」だ。

相手は天門、出せば勝ち、Oh Yeah()

勿論その為のマナ加速も入れたさ、「大菜王ビッグナスディーン」だ。そう、実はこのデッキ、基本の緑に加え、サブカラーの黒、ダンプタンクの赤、クロックの青、ハヤブサマルの白と実は5色揃っているのだ。

まぁその後後任のザビミラにバトンを渡したのはまた別のお話。


次に黒単、盾ゼロまでは毎回追い込むもののブロッカー軍団でダイレクトアタックが入らない試合ばかり、そこで加入してくれたのは「密林の総督ハックルキリンソーヤ」だ。彼を一枚刺すだけで途端に黒単対面が取れるようになり、クロスファイアと合わせて天門をゴリ押しする択も作れたりとなかなかに器用なことをしてくれた。


最後にキューブ、GTがただただキツい()

しかしクロスファイアをそんなに沢山入れてられない...

ということで採用されたのが「剛撃無双カンクロウ」。5000GTに反応してリベンジチャンスで着地、上から殴り倒したり盾を粉砕したりとなかなかの活躍をしてくれた。

でもちょっと待って、クロスファイアより腐らん?って思うでしょ?でも彼、「ドラゴン」なのよ。つまりマナに置くだけだ仕事をするわけだ。フォートEドラゴンが発揮できるかどうかで状況が相当変わってくるのでほんとにこれだけの違いが大事だったわけなんです。



そして迎えるRev期、2人の悪魔、「レッドゾーン」と「べアフガン」の登場だ。トップギアをダンプタンクで処理できるレッドゾーンはまだよかったが、べアフガンはまぁデッキが迷走に迷走を重ねたさ。デスゲじゃ破壊対象がいないから湧水クロック形にシフトしたり受けきれないから湧水で「タテブエヤッホー」を吊って遅延したり、ライデンを採用したり...ほんと全てを狂わせてくれたさ()

しかし新たな味方も登場してくれた。「革命目ギョギョウ」だ。レッドゾーンやべアフガンに盾を剥がれた時に1コスト、つまり2マナあればナスオやアップルから投げれるドラゴンでメタ能力付きとかいうヤバい奴が出てくれたおかげでなんとか環境をやりすごすことができた。また、「フルメタルレモン」を採用して強引に耐えたり、それをリセットするために「クローチェフォーコ」を採用したりと本当に大変だった。


この時代は速攻だけでなく、「魂と調和の盾」の横行により、文明をバラすことに意味が生まれた為、クロスファイアやグールといった自然以外のアタッカーを採用した。ちなみにクロスファイアはドキンダムを殴り殺す役割も兼ねていたりしたけどあんまりそんな機会はなかった。また、シャッフの登場により、天文への殺意をマシマシにした時期もあった。



そろそろ長すぎるやろとか思えてきたけどそれでもすすめていくぞ、Rev


この時期は正直終わってた。剣、無理ゲー、ダンテ、ガン刺さりという地獄。プチョヘンザで盤面を処られた時にドラピが場に残ってプチョヘンザではバトル勝ちできないバグが発生したり、ジョバンニがスコール撃つとマナに置いておいたダンプタンクがジョバンニを始末し、そのタイミングでテキスト確認フェイズがきたりと妙な事件は起きたが、正直この年はあまり良い成果は得られなかった。



心機一転DM期。新勢力により野菜のサポートは途切れる一方...とおもった矢先に現れた‘男’がいた。そう、「爆撃男」だ。ダンプタンクよ、今まで本当にありがとう...

これにより1番隊サイクルを処理できるようになり、それなりのポテンシャルを持ったまま一年を過ごすことができた。また、自分への被害を考慮してもなおジョーカーズへの対抗策として有効な「メガマグマドラゴン」が採用され、ボードの取り合いにもある程度勝てるようにもなった。



そして現代双極篇(厳密にはGR篇だけど)

ミクセルとかいうぶっ壊れの登場によりポテンシャルが一気に上昇、クリーチャーとしてのメタ性能も然り、ビクトリーアップル等でジャミングチャフを連打するパターンが新たな勝ち筋として加わり、デッキの幅を大きく広げてくれた。

次に「ホーリースパーク」、ドラゴンって書いてある。以上!!!

ということもなくクリーチャー面が案外活躍する。ビート対面はホーリースパークで耐えて初不召喚、ビクトリーアップルで撃ったホーリースパークを回収して初不召喚といったように盤面を一気に制圧することが可能に。

次、ツインパクトマップ。ドラゴンを失ったかわりにサーチと9000火力トリガーを得たドラピ。あくまで1マナで墓地にクリーチャーを置くことが目的でサーチは副次的な効果なのをわすれないことが大事()

とりあえずラスト、轟轟轟ブランド。デッキの多くのカードが特定のカードにアクセスできる為、轟轟轟の1ドローから次の轟轟轟に繋ぐ動きが滅茶苦茶に相性が良く、まさに待ち望んだと言えるカード。



しかし対戦環境では、「ポクチンちん」とかいう天敵が登場。メタ効果くそ刺さるし爆撃で倒せない3000、しかも墓地リソースを奪われるときた。そんな時に出会ったカード、「凶鬼04号ビビム」。墓地を離れた時に-3000を放つとかいうポクチンちん絶対殺すマン。おかげで除去範囲、タイミングをさらに大幅に広げることができ、どんどんポテンシャルは高まっていった。



GR篇、1コスト呪文ツインパクト「イッコダスケイジ」が登場。轟轟轟ブランドの赤マナ確保、1ターン目の墓地肥やし、除去、4コストの盤面処理&展開と幅広い活躍をしてくれた。ただし多色という点がどうしてもノイズになりがちで現在は1枚のみの採用となっている。ちなみに過去に採用された多色カードはフルメタルレモンとラフルルの2種で、初めてデッキ内に2枚以上採用した多色カードだ。



ついでなので現在試験採用している「メガブレードドラゴン」についても振れておく。GPにて「メメントの突破が難しい」という点、「ダンテで詰む」という点の2つが大きな課題が見えてきた為、どちらも綺麗に解決できそうなカードを発見。そう、「メガブレードドラゴン」だ。メメント前提なのはどうなん?って身内には言われたが、メメントがなければおそらく善戦しているので問題なく、刺さらない対面では赤マナとして、そしてドラゴンマナとして縁下でデッキを支えてくれるだろうという考えである。対面を選ばずに活躍できる「スニーク戦車オーリー」を採用するかかなり迷っているが、そこは今後の調整次第なのでまだここではこれ以上触れるべきではないだろう。



以上、僕と野菜が歩んできた大まかな流れである。

書いていてなかなか懐かしくて本当に幸せな時間を過ごせた。当時から関わってた人からしても懐かさを感じるんじゃないだろうか。逆に最近絡むようんなった人にとっては新鮮なんじゃないだろうか。そして初めましての人、ここまでお付き合い頂きありがとうございます、お疲れ様です()


こんな雑な記事ですが野菜に興味持ってくれた方、組んでみたいなぁって方は(ちょっと型が古いですが)こちらを読んで貰えると立ち回りや基本ムーヴ等それなりに参考になるかと思います。(https://twitter.com/aoyamatakenoko/status/1095030137744121856?s=21)

野菜に関する質問や提案、相談事、「今の構築晒してー」等、いつでも誰でもリプライやDM受け付けております。ご自由に活用ください。


それでは()